パトシBLOG

インフラエンジニア兼マネージャーがキャリアとおすすめの本を綴る

神の雫:初心者でもワインがわかってくるこのマンガが面白い

ワインのことをイチから学びたい人にはこのマンガがおすすめ。ぶどうの品種や生産地、ワインの嗜み方などが初心者でもわかりやすいように描かれているし、ビンテージワインからコストパフォーマンスの良いワインまで実在するワインの銘柄が紹介されている。僕もワインのことを何も知らない状態からこの本でだいたいのことを学んだ。全44巻。

大人の男にとってワインは教養

40歳も過ぎると、偉い人と会食を同席する機会にも遭遇してしまう。レストランで自分がワインを選ばなければならない状況になったりした時に、「僕はワインは全くわかりませんので...」では格好がつかない。とは言え、ワインなんて一期一会と言われるくらい星の数ほど銘柄があるからソムリエでもない僕が覚えられるわけがない。だから僕はいつも、赤・白、重め・軽め、ヨーロッパ産・アメリカ産などのだいたいの好みを店員さんに伝えながら会話のキャッチボールを楽しんで、ワインリストの中からリーズナブルなものを店員さんに選んでもらう。僕はワインに関する知識はそれぐらいで十分だと思っている。そういった店員さんとキャッチボールができるだけの基本的な知識はこのマンガから学んた。

女性もぶどうの品種くらいは知っておくと知的でカッコいい

女性もこのマンガを通して、ワインの基本的なことを知っておくととても良いと思う。一緒に食事をしていてワインリストを見せた際に、好きなぶどうの品種をひとつ挙げてくれたりしただけで、とても知的な女性に見える。たとえば、ピノノワールカベルネ・ソーヴィニヨンシャルドネ、その辺りで好きな品種がひとつ挙げられれば十分だと思う。

ワインを空気に触れさせる

主人公の雫がコルクを抜いて渋かったワインをデキャンタに移して味を落ち着かせるシーン。ワインはコルクを抜いてから時間をおいて空気に触れさせると味が変わる、ということやデキャンタの意味もこのワインで初めて学びましたね。

 

神の雫に登場するワインからお気に入りの1本:ファルネーゼ カサーレ ヴェッキオ モンテプルチアーノ ダブルッツォ

赤ワインのフルボディ。2,000円台にしてはちゃんとしっかりと重みがあるので僕はお気に入りです。これは有名なので成城石井などで普通に売ってます。