パトシBLOG

インフラエンジニアのキャリアと趣味のブログ

初めての転職への一歩目の踏み出し方


スポンサーリンク

もう8年前になるが、僕は人生で初めての転職をしようか悩んでいた。結果としては上手く転職できたのだが、その時の初めての転職への一歩目の踏み出し方が誰かの役に立てばと思い、書き残しておこうと思う。

まずは、悶々と一人で悩んでみる

当時の僕はインフラエンジニアとしてそれなりの経験も積んで、それなりのスキルも身につけていた。リーダーとしてそれなりの人望も得ているつもりだった。社外の同業他社の人達とのつながりもそれなりにあった。そんな風になんとなくこの国のITインフラを支えている感じが好きだった。

こう書くと順風満帆だったように聞こえるかもしれないが、転職を考えたきっかけは人事異動だった。大きい会社にいたので社内でのキャリアは自分本意ではなく、会社都合または上司都合だった。ちょうどその当時、僕は異動にひっかかる時期で二人の部長の間で僕の人事異動が決まった。

f:id:zarinauzer:20201219082223j:plain

そういう誰かの思惑で勝手にキャリアが決められてしまうことに疑問を抱き始めていた頃だったが、元の部署に居続ける選択肢はなさそうだったし、行き先は社内ではエリートコースと言われる部署だったから一旦は人事異動を受け入れてみた。

でも、自分の中で渦巻き始めた疑問は消えることはなく、むしろ大きくなり、やっぱり自分はインフラエンジニアとして現場でまだまだやっていきたい気持ちがあることに気づいた。

元の部署に戻る方法は探せばあったかもしれない。でもまた何年後かに会社都合の人事異動で自分のキャリアが勝手に決められてしまうことは御免だった。自分のキャリアは自分で決めていきたいと思った。そして人生初めての転職が僕の脳裏に浮かんだ。

だが、大企業でそれなりの給与も得ていたし、年月を過ごせば昇進も出来そうな感じだったので、その安定を捨てることには迷いがあった。

でも、その昇進には疑問を感じていた。いち企業の中で評価されても、それは世の中で何か価値があるんだろうかと。もし会社が倒産してしまった時に自分は外の世界で同等の評価を得られるんだろうかと。

そして、転職経験のある社外の友人に相談してみる

そんなことを一人で悶々と考えながら自問自答を続けていても答えは出ないことに気づき、先に転職していた友人に相談することにした。

その時、その友人は既に第二の人生をすっかり地に足をつけて歩み始めていた。

僕が悩みと会社の愚痴をグダグダと吐露していると、

とりあえず外の扉をノックしてみたらいいじゃないですか。転職エージェントに話を聞くだけならタダですから。そうすれば自分の価値がわかるはずですよ。

と助言をくれた。

たしかに。ノックしてみるだけなら飛び出すことにはならないから大した勇気もいらない。とりあえず話を聞くだけ聞いてみようと、いくつかの転職エージェントに初めて登録した。

こういう場合、社内の人間ではなく社外の人に相談すべきだということは山崎元さんの『転職哲学』から学んだ。この本、良い本だと思うのだが、残念ながら廃盤になってしまったようだ。気になる人は中古本をお求めください。

とりあえず、外の扉をノックしてみる(転職エージェントに会ってみる)

転職エージェントと言っても初めてでは何もわからないので、とりあえず声をかけてくれたところに片っ端から会いに行った。

良い担当者に当たるかどうかは運だと思う。運が悪いと新人のような若い人にキャリア相談をすることになり、この人に僕のキャリアの何がわかるのだろうと思う面談もあったが、サッと諦めて次のエージェントに会いに行った。

そして、まるで不動産屋での部屋探しのような面談もあった。

案件シートを次々と出してきて、「こちらはどうですか?」と聞いてくるだけ。到底キャリア相談と言えるものではなかった。これも縁がなかったと思い、次のエージェントに会いに行った。

いくつかのエージェントを回るうちに、信頼できる人とも出会えた。

その人は、上に書いた不動産屋とは真逆で、面談の冒頭に「その企業にお勤めされているなら、転職はお勧めしません。」と言い放ち、案件シートは全く出さず、僕の話を聞くだけだった。

僕の方から考えをひとつひとつ説明するうちに、僕の転職への思いを理解してくれて、話し始めて1時間ほどしてからだろうか、やっと奥から案件シートを持ってきてくれた。そして、転職市場の動向や30代を過ぎてからの転職のパターンなど、これこそキャリア相談と思える話をさせてもらった。

この時に思ったのは、転職エージェントは大手よりも小さい事務所の方が自分の腕で渡り歩いてきているプロフェッショナルがいるし、懇切丁寧に対応してくれると感じた。 

転職によって捨てるものは何で、得るものは何かを整理してみる

外の扉をノックしてみて、少なくともどんな企業が自分のような人材を探しているのかはわかった。そして、自ずと自分の価値もわかった。

ただ、やはり十年以上勤めた大企業を辞めることには躊躇があった。

そこで、転職することで捨てることは何で、得ることは何なのかを具体的に考えてみることにした。

そして出た答えが、

  • 捨てるもの:大企業での安定
  • 得るもの:どんな会社でも稼げる実力

だった。

あとは踏ん切りをつけられるかどうか

捨てることが何か具体的になったことで踏ん切りはつけやすくなった。

その当時に手に取った本に書いてあったことを別の記事にも書いたが、僕の中での踏ん切りのつけ方は『大型旅客機ではなく、不安定な戦闘機であれ』だった。

patoshiblog.com

大型旅客機は気流が安定しているときは快適な乗り心地だが、少しでも気流が不安定になると、すぐに揺れてしまう。

逆に戦闘機は絶えずバランスを取らねばならぬよう、わざわざ意図的に不安定に設計されている。

安定な状態は実は不安定。不安定な状態こそが最大の安定なんだよ。

このくだりにとても心を動かされてしまった。よし、戦闘機になろうと。そうして僕は人生初めての転職に飛び込んだ。

それから8年。まずまず充実した第二の人生を歩めたのではないかと思う。安定は捨てたけれども、どんな会社でも活躍できる実力は付けられたのではないかと思う。

そして、僕は今、2度目の転職に踏み出そうとしている。


スポンサーリンク