パトシBLOG

インフラエンジニアのキャリアと趣味のブログ

転職サイトとキャリアコンサルタントとの付き合い方


スポンサーリンク

今回の転職では3つの転職サイトを利用した。

BIZREACHとCAREER CARVERとLinkedinの3つだが、それぞれについて思うことをまとめておこうと思う。

f:id:zarinauzer:20210121141051p:plain  

BIZREACH(ビズリーチ

<料金>

  • 無料または有料
  • 有料のプレミアム会員は月額5,478円。全てのスカウトメッセージが閲覧可能

<Good>

  • プラチナスカウトまたはエクスクルーシブスカウトといった特別なスカウトが届く

<Bad>

  • 「とりあえず面談しませんか?」という形で具体的な提案を持たずに接触してくるキャリアコンサルタントは少なからずいる

イクラス求人を謳っているのでやや敷居が高そうに見えるが、無料でも登録はできる。僕はかなり昔から登録はしているが、今回の転職のタイミングでは一時的に有料のプレミアム会員登録をしてみた。月額5,478円なので割と高額だ。

プレミアム会員になると、全てのスカウトメッセージが読める。逆に言うと、無料会員の場合はプラチナスカウトという部類の特別なメッセージだけは読むことができるが、普通のスカウトメッセージは届いても閲覧できない。

この特別な人だけに送られるというプラチナスカウトやさらにその上のエクスクルーシブスカウトは、キャリアコンサルタントが僕の職歴や希望を読み込んだうえで書いてくれているメッセージであり、読む価値があった。

一方で、その他の普通のスカウトメッセージはほとんどがコピペだろう。あまり読む価値はなかった。

そして、BIZREACHに限った話ではないが、「とりあえず面談しませんか?」といった形で接触してくるキャリアコンサルタントは少なからずいる。

こういうコンサルタントは具体的な提案を持っていない場合が多いから無視した方がいい。

面談で根掘り葉掘り話を聞かれた挙句、不動産屋での部屋探しのように案件を次から次に「こちらはどうですか?」と聞いてくるだけなので時間の無駄だった。

ただ、BIZREACHの場合は、ハイクラスを謳うだけあってこういう不躾なコンサルタントは比較的少ないように感じた。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

<料金>

  • 無料のみ

<Good>

  • とにかくたくさんスカウトメッセージが届く
  • 一球入魂スカウトという特別なスカウトが届く

<Bad>

  • 「とりあえず面談しませんか?」という形で具体的な提案を持たずに接触してくるキャリアコンサルタントが多い

たしかLinkedinで招待が届いたので登録してみたのだと思う。

無料なので気軽に使えるのは良いところだが、登録した途端、滝のようにスカウトメッセージが届いた。

興味を持ってもらえるのは大変嬉しいのだが、内容の薄い、不躾なスカウトが多かったように思う。

社名は書かないが、「私は優秀ヘッドハンターに選ばれました。どのヘッドハンターを選ぶかで貴方の転職活動が変わります」といったスカウトが何度も届いた。

メッセージを読んでみたが、自分の自慢話を書いてあるだけで(きっとそれもコピペ)、僕への具体的な提案はまるで書かれていなかった。こういうのを優秀なヘッドハンターと言うのだろうか?

そんな中でも「一球入魂スカウト」という特別なスカウトもあるらしく、それはどうやら週に何通かしか送れない特別なスカウトらしい。

その「一球入魂スカウト」は僕宛に書かれてある場合が多かったので、それだけを読んでいた。

興味を持った何人かのコンサルタントと電話面談をしてみた。割と必要としていた情報を得られたと思う。

一方で一球入魂スカウトに対して返事をしないと「週に何通かしか送れないスカウトを貴方に送っているのだから返事をください。」と督促をしてくる人もいた。

あなたのスカウトに魅力がないのだから仕方ないじゃないかとこちらは思う。

とにかく、どうだろう。やはり無料だからだろうか。キャリアコンサルタントはBIZREACHと重なっていることもあるが、質はBIZREACHより低いと感じた。 

Linkedin(リンクトイン

<料金>

  • 無料または有料
  • Premium Businessプランは月額4,990円

<Good>

  • 世界中からスカウトが届く

<Bad>

  • 海外からのスカウトは怪しいものも含まれているかもしれない

転職サイトというより、ビジネス系SNSと呼ぶ方が正しいのだろう。

他のSNSと違ってビジネス系に特化しているので求人情報が掲載されているし、スカウトメッセージも届く。

日本で利用している人は多くないようだが、海外の人達はかなり利用しているようなので海外に出張もする僕は以前から無料登録はしており、仕事で一度会った人からは友達リクエストが届くことが多い。

簡単に経歴を書いて(英語)おくと、結構頻繁にスカウトも届く。

今回は、求人情報を広く得るために一時的にPremimum Businessのプランにしてみた。

月額4,990円だから結構なお値段だ。

やはり無料プランの時よりもPremiumプランにしている方がスカウトは多く届いたように感じる。有料会員になってみてわかったことは、月会費が高いか安いかは別にして、有料でなければ得られない情報はたしかにあった。

ただ、Linkedinで僕に届いたスカウトは外資系および海外からのものが多い。90%以上はそうだろうか。中にはアメリカはもとよりインドなど世界中から求人が届く。メッセージは当然英語だ。

したがって、日本国内の日本語での仕事にこだわらず、世界中で英語での仕事を探す人にはLinkedinは役に立つと思うが、僕も含めて日本国内での仕事を探す人にはあまり向かないと思う。

そして、海外の情報屋(スパイ)が紛れ込んでいる場合があると聞く。海外のよく知らないコンサルタントと迂闊に情報交換をするのは避けた方が良いかもしれない。

まとめ

f:id:zarinauzer:20210123210934j:plain 

転職サイトの良し悪しに関しては、ほとんど差がないと思う。それよりも、どのキャリアコンサルタントを選ぶかがより重要だ。

どの職業でもそうだが、キャリアコンサルタントもピンキリだ。そして僕が見る限り、日本国内だけで想像以上のキャリアコンサルタントがいると思う。どの人を選ぶかは転職する側の人にかかっている。

転職するその時になって初めて転職サイトに登録しているようではキャリアコンサルタントとの付き合い方も磨けない。

普段から無料登録をしておいて、職務経歴書をブラッシュアップしながら、信頼できそうなキャリアコンサルタントを物色するような姿勢が転職する側には必要だと思う。

結局はキャリアコンサルタントを選ぶのも、転職する側のスキルだと思う。 転職が当たり前になってくるであろう日本でもビジネスマンにとっての必須スキルとなっていくはずだ。

 


スポンサーリンク