パトシBLOG

人生は壮大な暇つぶし。趣味を20個つくるブログ

コロナ禍・リモートワーク環境で転職後の良い点、悪い点


スポンサーリンク

今月転職をした。転職は人生で二度目だが、一度目はコロナ禍ではなく、リモートワークなんてものはなかった。だからその頃は毎日出社して、とにかく早く会社に馴染もうと色んな人と積極的に話をしたり、夜は飲みに行ったりしたことを覚えているが、今のコロナ禍のリモートワーク環境では全く状況が違う。

リモートワーク環境下での転職は良い点も悪い点もあると思うが、なにしろ初めてのことなのでまだ試行錯誤中だ。今のところ感じていることをまとめておこうと思う。

悪い点

まずは、悪い点から挙げてみたいと思う。

とにかく転職後すぐの完全リモートワークは組織に溶け込みにくい。

所属する組織には100人以上いるようだが、2週間経ってもまだZoomで数人としか会話できていない。

オフィスにいれば、とりあえず近くの席にいる人たちに挨拶に行ったり、会議に参加させてもらって顔を売ったりなどできるが、リモートのオンライン会議にとりあえず飛び入りするほどの勇気はない。

上司は気を遣って少しずつオンライン会議を振ってくれるが、もどかしい。でも待つしかない。

こういう場合、新しい仕事に気負っている人は焦って人間関係をこじらせたりしてしまうのだろう。でも僕はもういい歳なので待つのみである。こういうのはきっと時間が解決してくれる。

何やらオンライン懇親会も予定されているようだが、一度も会ったことのない人たちと初めてのリモート飲み会ってどんな感じになるのだろう。

やりにくそうだし、かなり恥ずかしい感じになる気がする。それでも踏み込んでいくしか状況は変わらないので参加ボタンをポチっと押した。

f:id:zarinauzer:20210313215725p:plain

良い点

一方で良い点だが、まず一つ目は暇そうにしていても誰の目にも留まらないことだ。

誰でもどんな会社でも転職後すぐの頃は暇だろう。僕のこの2週間は日中ずっとイントラを眺めて会社のことを知ろうと努力はしているものの、きっとその姿は周りの人からすると暇な人に映るはずだ。でもリモートワークだと誰も見ていないので人の目を気にする必要もない。

そして、そんな風にモニターでずっと文字を眺めていると、どうしても眠くなる。目が白目になってきたりしていると思う。そんな姿はあまり見られたくないが、リモートワークだと誰にも見られないので、気兼ねなくうたた寝もできる。

f:id:zarinauzer:20210313213840j:plain

そして、良い点の二つ目は飲み会が少ないことだ。きっと緊急事態宣言中でもなくオフィスに出社している状況なら、毎日のように飲み会のお誘いがあったはずだ。新参者だと断ることも難しいから毎日飲みに行って気力も体力もすり減らしていたことだろう。

ひいては退職前にも送別会という飲み会が毎日のように入っていただろうから約2ヶ月間飲み会三昧になっていたことだろう。もう肝臓もボロボロのはずだ。それが今の状況では飲み会がほぼゼロなので毎日体調が良い。

逆に言うと、そうやって酒を酌み交わしてお互いの人となりを知るということを省いているので溶け込みにくいのだろう。一長一短である。

最後に

リモートワーク環境へのジョインはとにかく難しい。オフィスへの出社は許されていないので、とにかくリモートで首を突っ込んでいくしかない。オフィスへ出社するのと比べると溶け込むまでにどうしても時間はかかるだろう。とはいえ、きっと時間が解決してくれるはずなのでそれを信じて待つだけである。我慢、我慢。